法人カードの体験レポート「空港ラウンジ編」プライオリティ・パスの使い方

hojincardcom-platinumbusinessamex-experience-1

※写真のプラチナカードはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。2015年12月1日よりカードのデザインが変更になりました。

世の中には、法人クレジットカードの比較サイトがたくさんあります。
そういった比較サイトには人気ランキングもありますが順位が真実なのかわかりません。
それぞれのサイト管理者が本当にそのカードを使っているのかさえわかりません。

そんな思いから、当サイトの人気の法人クレジットカード3枚を比較記事を作りました。

もちろん、筆者は両方の法人カードを実際に使っています!

どのカードにも「マイルがたくさん貯まる」こと以外に特典もたくさんあります。
インターネットでの明細確認画面や明細書の分かりやすさなども重要なポイントです。
実際に使ってみないとわからないことが多いです。
筆者が便利だと思っているカードの特典を数回に分けて、紹介していきたいと思います。

やはり、オススメ法人カードは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード(年会費:26,000円/税別)も使っているのですがやはり年会費が高すぎるのとマイルの還元率があまりよくありません。
サービスに関してもセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費:年間200万以上の利用で10,000円/税別)と比べると劣っています。

ポイント還元率以外に、無料で利用できる空港ラウンジの数には圧倒的な差があります。
セゾンプラチナビジネスと比べると、アメックスビジネスゴールドには後述するプライオリティ・パスの特典がありません。

カードの特典で利用できる空港ラウンジ数
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード カードの機能 国内外33ヶ所の空港ラウンジ/利用料金無料
プライオリティパス
(プレステージ)
年会費$399が無料
世界700ヵ所以上の空港ラウンジ/利用料金無料
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード カードの機能 国内外30ヶ所の空港ラウンジ/利用料金無料
プライオリティパス なし
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード カードの機能 国内外30ヶ所の空港ラウンジ/利用料金無料
プライオリティパス
(スタンダード)
年会費$99が無料
世界700ヵ所以上の空港ラウンジ/1回27米ドル

空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスとは?

hojincardcom-platinumbusinessamex-experience-3

空港のラウンジに関するサービスを提供している会社で、会員に登録することによって空港ラウンジを利用する事ができます。世界120ヵ国、400以上の都市で数にすると700ヵ所以上の空港のVIP専用ラウンジを、航空会社や行き先に関係なく使えるの便利です!

ほぼ世界中の空港ラウンジにで使えて飲物や新聞のサービスを無料で利用することができます。
ラウンジ内にはビジネスに便利なインターネット接続サービスもあり、出張前や旅行前の休憩には最適です。

ちなみにプライオリティ・パス会員には3種類あり、

プライオリティパスのサービス・料金表
名称 年会費 利用料金 備考
スタンダード会員 99ドル(約10,000円) 27ドル(約2,700円)  
スタンダード・プラス会員 249ドル(約25,000円) 27ドル(約2,700円) 利用料金は10回迄無料
プレステージ会員 399ドル(約40,000円) 無料  

となっています。
このプライオリティ・パス会員になるには、上記の年会費を支払うか、プライオリティ・パスと提携しているクレジットカードに入会する必要があります。

しかし、プライオリティ・パスが特典でついているクレジットカードと言っても、一番グレードの低い会員では1回利用ごとに27ドル別途支払う必要があるためメリットがありません。実際、ほとんどのクレジットカードについているプライオリティ・パス特典は「スタンダード会員」です。

また、グレードの一番高いプレステージ会員は年会費なんと約40,000円!ただし最上級のクラスだけあって全世界どこでもいつでも利用料金は無料です。でもさすがに空港ラウンジを利用するためだけに毎年40,000円を払っている人は、あまりいないと思います。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスなら、プライオリティ・パスの「プレステージ会員/年会費40,000円」を無料にできる

当サイトでオススメしているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはこのプライオリティ・パスの最上級グレード「プレステージ会員/年会費40,000円」になんと無料で登録ができます!

ちなみに、「プライオリティ・パス」に登録しなくても、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには国内の主要空港のラウンジを無料で利用することができる機能がプライオリティ・パスとは別でついていますが、無料で会員登録ができるのならば持っていても損はありませんし、友人や上司と空港を利用する際はスマートにエスコートができます。

海外出張が多い方、海外旅行が好きな方にとっては年会費以上の価値があることは間違いありません。

プラチナビジネスアメックスを持っていれば「プライオリティ・パス」への登録はカンタン!
カードデスクに電話をするだけですぐできて、数日後に下記写真の通り詳細とカードが送られてきます。

hojincardcom-platinumbusinessamex-experience-2

空港ラウンジでビジネスの空き時間を有効活用

hojincardcom-platinumbusinessamex-experience-airport-1

羽田空港の第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ 南」を紹介します。

MAP

まずラウンジの正面に行くとホワイトボードのようなものが設置されていて「このカードを持っている方は入れますよ」という案内があります。入るとすぐに受け付けの方がいるのでクレジットカードと航空券を見せれば中に入ることができます。

entryimages_middle_06

まずドリンク各種が飲み放題です!種類も結構たくさんあります。

温かいコーヒー・紅茶・お茶・ホットミルクなど、その他ココアや果実茶なども揃っています。冷たいドリンクも普通のウーロン茶から果実100%フルーツジュース、コーラ、炭酸等々。
筆者は冷たい紅茶花伝にアイスミルクを混ぜて勝手にミルクティー作って飲んでいました。

雑誌や新聞なども充実しています。

また、コピー機・FAX・無線LANなど出張前にも使えるサービスがたくさんあります。
喫煙ルームと禁煙ルームが別れているのでタバコが苦手な方でも大丈夫です!

entryimages_middle_02

ここより先が喫煙ルーム。結構広くてデカいです。筆者が行った時は喫煙ルームにはあまり人がいなかったようです!

ざっと見渡すと仕事をしている人もチラホラ、ソファーで仮眠している人から、窓際に座って飛行機を眺めてる人、同行者と喋っている人まで実に様々でした。

entryimages_middle_04  entryimages_middle_05

無料で軽食をとることができます。その日の新聞や雑誌も揃っているので、朝に情報を収集できなかった場合に重宝します。

entryimages_middle_07

ちなみに、こちらは普通の待合ロビーの様子。

例えば、ノートパソコンで機密情報を含む作業をしたい場合、横から覗かれてしまう可能性があります。仕事上での重要なファイルを取り扱うことができません。

また大声で話している人や子供がいるので仕事などで疲れている場合は余計なストレスになる時もあります。

その点空港ラウンジの良いところはやはり「静かで落ち着いており、プライバシーが確保されている」点です。ゆっくりコーヒーを飲みながら堅いベンチではなくソファに座って休憩できるので、気疲れすることもありません。

分かりやすい明細書、貯まったマイルはJALの公式サイトで確認できます

hojincardcom-platinumbusinessamex-experience-airport-specification

届いた明細書は上記画像のようになっています。
左下の赤枠で囲んである部分は前月に利用した金額に対して貯まった永久不滅ポイントの表示です。
※この月の請求額に対する永久不滅ポイントは次月の明細書に掲載されます。

貯まったマイルはJAL公式サイトより確認することができます。請求書が届く3日後にマイルが付与されます。

hojincardcom-platinumbusinessamex-jalmail

このようにマイルが貯まっていきます。
例えば100万円使った場合、10,000マイルと永久不滅ポイントが500ポイント(1,250マイル相当)貯まります。
このマイルとポイントは東京ー大阪間の往復チケット(12,000マイルで交換可能)に相当します。

マイルを航空券に交換しない方でもおトク!

entryimages_middle_08

空港をほとんど利用しない方で航空券に交換しないという方でもマイルはお得な交換方法があります!例えば電子マネーWAONに交換した場合、10,000マイルで11,000円分のWAONになります!

電子マネーWAONは、全国のイオンショッピングモール・ファミリーマート・ミニストップ・ビックカメラ・エディオンなどで使えます!

また、ヤマト運輸でも使えるので仕事の宅配便やメール便にもポイントが利用できます。

筆者の場合は空港を使う予定がない時は、WAONに交換してコンビニ等の支払いに利用しています。小銭を出すより電子マネーの方がカード1枚ですぐ終わるので便利です。

プラチナカードを所持していることでステータスの高さをアピールできる

entryimages_middle_09

プラチナカードといえば、ゴールドカードよりさらに上のランクなので「お金持ちの象徴」とされる場合が多いです。

特に筆者は接待や食事でレストラン・料亭を利用する際にプラチナカードで決済をすると店長やオーナーに顔を覚えてもらいやすいと感じました。

プラチナカードを持てる人はそう多くはいませんから、多少なりともひいきをしてくれているのだと思います。

例えば、「今日は美味しい魚があるんです」や「珍しいお酒を入荷したので一杯どうですか」などといったような有難い言葉をかけてもらうことが増えました。

実際に使っているおすすめのサービス

▼年間で200万円利用すると年会費が10,000円になるのでおトク。

プラチナカードとしてはかなり安い料金で色々な特典が使えます。他のクレジットカードを見ても年会費が30,000円近くかかるものばかりです。

▼全国の空港ラウンジを無料で使えるプライオリティ・パス(通常登録40,000円)に無料で登録できる。

海外出張や旅行が多い方にとっては年会費以上の価値があると自信を持って言えます。

entryimages_icon150_travelinsurance

▼海外旅行保険自動付帯

海外旅行・出張で必要な海外旅行傷害保険が自動付帯、つまり改めて手続きをする必要がなくカードを所持しているだけで自動適用となります。
疾病治療費用最高300万円・賠償責任最高5,000万円など。

entryimages_icon150_konamisports

▼特典でコナミスポーツクラブの月会費割引優待があるので、安く通える。

スポーツクラブの日本最大手の「コナミスポーツクラブ」に月々最大約1,500円割引で通うことができます。

entryimages_icon150_business

▼経費削減のためのお得なビジネスサービスがたくさんある。

直近3ヵ月分のカード利用明細データをダウンロードできるサービスをはじめ、個人事業主に嬉しいオンライン会計ソフト「freee」の割引など、ビジネスに有利な特典が揃っています。

entryimages_icon150_status

▼ステータスカードとしても価値がある

プラチナカードなので、1枚持っているとかっこいいと思います。実際に接待や食事でスマートに決済したり、特典を使ってワンランク上の贅沢ができます。

関連記事

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード入会キャンペーン select-best-card-thumbnail
▼セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード入会キャンペーン
法人カードの中でも唯一、法人だけでなく個人でも申し込みが可能なコストパフォーマンスに優れたセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。そのカードが期間限定で入会キャンペーンを実施しています。
▼法人クレジットカードとして人気の3枚のカードを徹底比較
法人クレジットカードといっても、すべてのカードが同じ機能であるとは限りません。利用金額に応じたポイント付与率から、特典との交換レート、優待特典の有無など発行する会社によって異なります。そこで3枚のカードを徹底的に調査しました。

 

公開日:
最終更新日:2017/03/14