できて当たり前!最低限のビジネスマナー

 作成日:

entryimages02_16

ビジネスシーンでの「印象」はとても大切です。

だからこそ最低限のビジネスマナーは必要です。
しかし、ビジネスマナーといっても一般常識が基盤であり、自然にこなすことが重要です。

日頃から正しく行動していれば、いざという時にちぐはぐしません。日常生活でも礼儀正しく、感謝の気持ちを表したり、きちんと挨拶をしている方はほぼ大丈夫でしょう。

マナー以前の基礎「挨拶」

まずは挨拶です。これができない人は、はっきり言ってビジネスマナー以前に人と仕事をするのは難しいでしょう。

挨拶をされて悪い気になる方はいません。まずは自分から挨拶をするといった行動で良い印象を与えることができます。相手よりも先に挨拶をするように心がけらるとイメージは間違いなくアップします。

約束は必ず守る

こちらもマナー以前に人間的な問題でもありますが、仕事や電話・企画書や書類など、約束した時間や納期は絶対に守りましょう。時間管理や自己管理に関しての信用を問われることになります。

納期が遅れてしまったり、約束を失念して破ってしまった場合は直ぐに直接謝りに行かなければなりません。これを怠ってしまうと人間性・会社としての信頼全てがなくなります。

また、仕事の納期は余裕をもって設定し、早めに納品することで仕事が速いという印象を付けることになり、良い印象にすることができます。

人は見た目によらないと言いますが・・・

気をつけたいのが服装です。服装は第一印象として強く残るものであり、人間の印象を決めるものでもあります。目で見る印象はビジネスには大事なものです。

いつも清潔でさわやかな方が印象も良く、個性的な服装は相手の趣味に合わなければ敬遠されてしまうこともあります。姿勢の悪さも印象として残ってしまいますので、姿勢を正しくするようにしましょう。

 - ビジネス , , , , , , , , , ,