法人クレジットカードを持つメリット

 記事の最終更新日:   作成日:2013/5/13

法人クレジットカードならお金の動きを監視・管理できる

entryimages_04

法人クレジットカードの最大のメリットは法人と個人の利用をきっちりと分けられることです。

個人事業者の中には法人と個人の支払いなどがぐちゃぐちゃになってしまう方や、現金が足りないときに自分のお金を足してしまったりとなかなか難しいものです。

要は法人クレジットカードなら監視・管理できるのでその様なトラブルを未然に防ぐことができます。

法人のお金と個人的なお金の使い方をカードによって分けることができるというのはとても便利ですよね。

例えば社員がタクシーを仕事中に使って領収証をもらい、それを経理に出して後から給料にタクシー代を付けてもらうなんて煩わしいことがなくなります。

法人クレジットカードを持たせることによってタクシー代金を法人クレジットカードで支払えることで、社員が自分のお金を持ち出ししなくてもよくなりますし、領収証の管理などもしなくてよくなります。

それによってごちゃごちゃとなってしまいがちな大量の領収証などもなくなり、スッキリとした経理を行うことができるでしょう。

会社としても把握しやすい状況になり、それを持たされる側も個人の出費が一時的にでもなくなり領収証を失くしてしまった場合にはお金が出ないなんてことにもならず済みますから会社としてもそこで働く人たちにとってもメリットは大きいです。

クレジットカードの使用でポイントが貯まる

entryimages_05

そしてもちろんポイントなどが付くこととなりますから、法人クレジットを発行してる側はポイントによる還元や特典を受けることができるのでお得です。

これを現金でやるともちろんポイントなどは付きませんし、特典もありませんからそう考えると同じ金額なのにお得ですよね。

カードの特典ではスポーツクラブの割引優待などもあり、法人カードを与えられている社員にとっては充実した福利厚生になります。

デメリットらしいデメリットは特にない

デメリットとしてはクレジットカードといっても、法人クレジットカードにはローン機能がありませんので、分割払いやリボ払いのような支払い方法はなくすべて一括払いです。

ですから、何枚のカードで限度額がどれだけあるかをきちんと把握して毎月の支払いに間に合うように資金を用意する必要があります。

 - 法人カードの選び方 , , , , ,