どうやって作る?フリーランス・在宅ワークの「横のつながり」

 作成日:

フリーランスの交流会

在宅ワーク・フリーランスの働き方で、意外と重要になるのが、「横のつながり」を作ることです!

同業種で横のつながりがあれば、「仕事を処理しきれない」といった時に助けてもらうこともできます。

逆に相手が処理しきれない案件を手伝って、収益につなげることも可能です。

異業種でつながっていれば、自分一人ではできない大規模プロジェクトや、さまざまなスキルが必要な案件も受注できます。WEBプログラマーとデザイナーとライターが協力して、新規サイトの立ち上げを行う…といった形です。

また、フリーの経営や営業、経理・税務などに関する情報交換をしたり、フリーならではの雑談に花を咲かせたり…と、仕事にも通じる楽しみも共有できます。

こうしたフリー同士の「横のつながり」の作り方について、今回は、私の経験からご紹介していきます。

ネットでつながるより、リアルでつながったほうが良い

フリーの在宅ワーカーの場合、仕事のほとんどをネット上でこなす方も多いと思います。

ですが、同じフリー同士の横のつながりでは、ネットで仲間を見つけよう…と思っても、なかなかうまくいきません。お互いに警戒心が働くため、なかなか信頼関係を築けないんですね。

それよりもオススメしたいのは、フリー同士の交流会に参加することです。個人的には、セミナー形式ではなく、立食パーティや、ラフな食事会・飲み会のような形のほうが良いと思います。

セミナー形式では、「講師」と「その他大勢の生徒」という形になってしまい、あまり交流ができない場合もあるためです。

フリー同士の交流会は各地で開催されており、ネットで検索すると、イベント情報が見つかります。

お住いの地域の交流会イベントを探して、参加してみてはいかがでしょうか。

異業種同士でも、フリーならではの会話が楽しめる

フリーランス同士の交流の魅力は「フリーならではの会話が楽しめる」ことではないでしょうか。

まだまだ世間一般に浸透しているとは言い難い、フリーランス、在宅ワークという働き方。そのために、普通の働き方をしている方とは、少し違った考え方や価値観が生まれることもあります。

とはいえ、そうした「フリーならでは」の考えや価値観は、同じフリー同士でしか、共感も議論もできない場合も。逆に言えば、たとえ業種や職種が違っても、「フリーである」という一点で通じ合う部分も多くなります。

「知らない人と話すのが苦手」という方でも、フリー同士であればスムーズに会話を楽しめるはずです!

変人・奇人ばかり?フリー同士のつながりのポイント

最後に、笑い話程度ですが、フリー同士の人間関係のポイントをご紹介しておきます。

すでにフリーで働いている方は、経験的にご存じかと思いますが…。
フリーランスの世界は、基本的に「ちょっと変わった人」が多くなります。奇抜なセンスの持ち主、つかみどころの無い人、極端に無口な人、人見知りの人…。一般企業の従業員では、まずお目にかかれない「奇人」も珍しくありません。

交流

ただし、そうした個性が、その人のビジネスの成果をもたらしている場合がほとんど。

「ちょっと変わった人」が苦手な方は、そもそもフリーに向いていないかもしれません。

「フリーランスとして独立したい…」という方や、フリー同士の横のつながりを広げたい方は、『ちょっと変わった人も受け入れられる、心の広さ』を身に着けることが、実は意外と重要になります。

常識を持ちつつ、常識外も受け入れるスタンスを持つことは、あなた自身のビジネスの発展にも、大きく貢献するはずですよ!

 - ビジネス , , ,