株式会社と有限会社の違い

 作成日:

entryimages02_17

株式会社と有限会社の違いって…?という疑問を持った方が多いでしょう。

まずひと昔前、株式会社は設立するために1000万円が必要で、有限会社は300万円が最低限必要でした。

しかし、それでは会社設立に大きな資金の壁となってしまうので、その後0円会社と呼ばれるブームが起きたように、0円でも起業ができる時代へと変化していきました。

株式会社は、物的会社であり、有価証券である株式を発行して、広く対外的に出資を集めることが可能です。会社の外部からでも出資をしてもらい会社を大きくしてもらうことができるということです。

しかし有限会社は小規模かつ閉鎖的であることが条件です。さらに株式会社よりも法定手続きが簡易化されており、誰でも簡単に会社を設立できたので有限会社を設立する方が多くいました。

しかし、2006年の法改正により、有限会社の新規設立はできなくなり、株式会社や合同会社という会社設立のみ認められるようになりました。

それまで有限会社として経営してきた会社は存続していますが、今は新たに有限会社を建てることはできません。有限会社という名前のままでも自動的に株式会社に組織変更されたものとして存続しています。

ですから有限会社という名前の会社は、少なくとも2006年以前からある会社ということなので、その社歴が信用に値する会社とひとつのものさしになります。

株式会社は今30万円前後の費用で会社を設立することができます。もちろん株式や社債を発行することはなくても経営することが可能です。

 - ビジネス , , , , , , ,