法人銀行口座の開設方法

 作成日:

entryimages02_04

会社の設立登記などの書類手続きや届出などが終わると、会社名義の法人口座を開設できるようになります。

まずはどの銀行にするか選ぶところからスタート。何かと便利になるのは会社から一番近い銀行です。

その他、自分が個人口座として頻繁に利用してきた口座がある銀行だとスムーズに開設できる場合もあり、自分としても利用の勝手がわかっているので戸惑いなく利用することができますね。

取引が多いといった理由や、全国規模で入出金を利用したい場合は大手都市銀行にするのが有利ですね。

銀行のサービスの内容や、起業した人たちが、どんな銀行の口座をどう利用してるのかインターネットや雑誌であらかじめ調べてみるとスムーズです。

銀行が決まったら、銀行の口座開設を申し込みに窓口へ行きます。口座開設に必要なものは次の通りです。

  • 口座開設依頼書(銀行にあります)
  • 登記事項証明書(登記簿謄本)
  • 法務局から交付された代表取締役の印鑑証明書
  • 法務局へ届け出た代表印
  • 銀行印として使用する印鑑
  • 身分証明書

開設の際、銀行でどんな会社なのか、主にどういったことに使う口座なのかなど質問されるので、しっかり答えられるよう準備をしておきましょう!

いきなり融資の話を持ちかけるのではなく、まずは公共料金の支払いなどを口座で行うなど、小さな信頼関係を作っておくことが大切です。小規模な取引や入金と出金などを経て信頼関係を築いておき、いざというときに融資の話をすることで融資を受けやすくなるといった信頼の積み重ねの土台になります。

口座開設には3~5営業日の日数がかかりますので、余裕をもった日数で考えておくと良いです。

 - 法人カードの選び方 , , , , , ,